HOME   »  スポーツ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルフェーヴル、ダノンバラード 、ステイゴールド 、ゴルトブリッツ、リベルタス、オリエンタルアート 、WIN5といったあまり聞きなれない単語がたくさん並んでいますが、これらはすべて競馬関連のワードです。

本日競馬界ではG1の大きなレース「皐月賞」があったのと新しい種類の馬券が登場したためこのような競馬関連の単語がたくさん検索されました。
オルフェーヴル、ダノンバラード 、ステイゴールド 、ゴルトブリッツ、リベルタス、オリエンタルアート というのはすべて馬の名前です。
WIN5というのが新馬券の名前で、指定5レースの1着をすべて当てるもので、インターネット投票のみでの発売となりました。第一回目の払戻金は81万280円で、663票が的中したようです。
総売り上げはJRAが試算していた2、3億円を大きく上回る7億2800万円だったそうです。


私は競馬は1度だけ競馬好きの友人に連れられてやったことがあるのですが、何度か勝ったり負けたりして、結局トータルでは交通費と競馬場の入場料分のマイナスになりました。お金持ちってわけでもないので、下手に大当たりしてハマる前にやめることができてよかったです。

ちなみに、その友人は競馬場内の牛丼屋でアルバイトしているくらい競馬が好きなのですが、かなり予想が当たっているらしくて、今年の目標は大学院の学費を稼ぐことらしいです。
そんなうまくいくはずがないと思うのですが、今のところトータルで27万円プラスで、結構現実味を帯びてきているところが凄まじいです。
どうやって予想しているのか聞いたら、これまでのレースの結果からコースとの相性を考えたり、親の血統を見たりといった、いたって有名な方法を使っているのですが、それに加えて、当日パドックでの馬の動きをハイスピード撮影可能なEXILIMを使って撮影して動作を見て判断しているそうです。
どういう判断基準なのかはよくわかりませんが、バイオメカニクス(生体力学)なんかも勉強しているらしく、どういう動作をしていれば速く走れるのかというのがわかるというのです。
何ともうらやましいスキルですが、だからと言って今後も彼が当て続けられるのかどうかは私にはわかりませんし、いつか痛い目に合うんじゃないかなぁなんて思っているわけですが、本当に学費稼ぐくらいになったら頼んで当て方を教えてもらおうかなと思っています。
スポンサーサイト
長い間更新できていなかったのですが、時間に余裕が出てきたので更新を再開したいと思います。

Google トレンドで現在5位の「脇谷」です。
この脇谷というのはプロ野球巨人の内野手の脇谷亮太さんのことなのですが、なぜ急上昇したかというと昨日の阪神戦での誤審疑惑が大きく報じられたためですね。
以下がその疑惑の動画です。



まあ、どう見ても落としていますよね。
スポニチは以下のような記事を書いています。

脇谷は含み笑い「テレビの映りが悪いんじゃないですか」
 7回に起きた問題のブラゼルの二塁後方への大飛球の場面を振り返った巨人・脇谷は、「捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTR?テレビの映りが悪いんじゃないですか」と含み笑いを見せた。

 VTRではグラブに当てたボールがバウンドしたかに見えたが、判定はアウト。一塁走者の新井は既に三塁を回っており、アウトでなければ確実に点差は3点に開いていた。7回、先頭の新井良の二ゴロを失策。1点を失っていただけに脇谷にとってはラッキーな判定となった。



これは誰もが脇谷に反感を買いますね。
こういう場面で積極的に嘘をつくようなことはスポーツマンとしてどうかと思います。
チームのこと考えて正直に落としたとは言えないのであれば、せめてノーコメントにしておくべきだったのではないでしょうか。

しかしながら、スポニチは以下のような記事も書いています。

誤審も野球の一部…川藤氏「いつか、審判で勝てる日もあるわい」
セ・リーグ 阪神4―5巨人 (4月20日 甲子園)

 阪神敗戦後の通路には判定への不満があふれていた。やり場のない怒りに守備走塁コーチ・久慈照嘉は「あれは大きいですよ」と吐き捨てた。

 7回裏、1点を勝ち越し、なお2死一、三塁。クレイグ・ブラゼルの二塁後方への飛球を巨人・脇谷亮太がこぼしたように見えた。一塁塁審・土山剛弘の判定は「アウト」。落球なら大きな追加点が入っていた。

 一塁コーチボックスにいた久慈は阪神では最も打球の近くにいたことになる。「二塁手が向こう向きだし、落球は見えなかった。審判も見えていないんじゃないかな。でもボールを拾い上げるのは見えたから」

 8回表先頭、小笠原道大の遊撃内野安打の一塁セーフ判定も「あれはアウト」。ともに監督・真弓明信が抗議したが判定は覆るはずもない。

 何人かがベンチ裏でVTRで確認したそうだ。VTRを見直して誤審と指摘するのはたやすい。しかし、これまで何度も書いてきたが、審判も人間だ。野球にはもともと、「人間的要素」が組み込まれている。たとえ誤審だったとしても、それは野球の一部なのである。

 ベースボールを野球と訳した中馬庚は1897年(明30)、国内初の一般向け専門書『野球』を出し「審判官ハ全場ノ君主、万事ノ総裁」と記した。この権威を高める責任は審判員自身ではなく、監督や選手の側にこそある。昭和初期、慶応大黄金時代を築いた名将、腰本寿が語っている。「審判官は絶対であるが、神ではないことを知れ。常に公平であり、反抗することによってなんらの利益をもたらさないことを知れ」

 阪神の思いは察するが「判定で負けた」とは思わない姿勢こそ大切ではないか。もし判定で心が揺れ動き、敗戦への坂道を転がったのならば、自省の必要もある。自身で制御できない事柄は心から排除することだ。それが潔く強い心を生む。

 喫煙室で出くわした阪神OB会長、川藤幸三が言っていた。「いつか、審判で勝てる日もあるわい」。悔しさは胸に刻み、判定のことは忘れることである。 =敬称略=

ものすごく正論ですね。
なぜ今の時代、機械でいくらでも判定しなおせるのに何故しないのかというと、そういう誤審もすべて含めて野球だからです。
多くのファンや選手、監督が激怒している中、内心では怒りつつもこういうコメントを出せる川藤は紳士だなと思います。

審判だって一人の人間ですから、どうしても判定を誤ってしまうことはあります。
ただし、それが特定の球団に有利になる誤審が多いようなことは絶対にあってはいけませんが。
goo検索 急上昇ランキング
スポンサード リンク
お世話になっているサイト
リンク
QRコード
QR
フォロー連鎖

・フォロワー数を増やしたい方は1日1回クリック!
過去ログ

カテゴリ別
おすすめ



CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。