HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト芸能  »  赤西仁
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





記念すべき最初の記事はこのキーワード。
Googleトレンドで現在第3位にランクしているのですが、どうやら元KAT-TUNのメンバー赤西仁さんが全米デビューするようです。

以下ソース

赤西仁、1月に日本公演、ワーナーからCD発売も

赤西仁が9日、東京都内のホテルで会見を開き、レコード会社「ワーナーミュージック・グループ」と契約したことを明らかにした。来春にシングル、アルバムも発売。また11月から全米5カ所で行なった米国ツアーの凱旋公演として2011年1月14~16日にさいたまスーパーアリーナで、1月21~23日に大阪城ホールでコンサートを行なう。「JIN AKANISHI」として立つ同公演では6公演で10万5000人を動員する予定。

この日拠点とする米国から帰国した赤西仁は、黒ジャケットにワインレッドのシャツ、ジーンズ姿で登場。集まった200人の報道陣を前に「本日ワーナーグループとグローバル契約したことを報告します。いち早くファンの方に報告したかった」と緊張の表情を見せた。

ワーナーとの契約について赤西は「物事が早く動きすぎて、まだ実感していない。サインはこれからなので、この状態(会見)が緊張する。(契約決定は)うれしいというか、曲作らないとと思った」とコメント。英語のスピーチでは「日本のアーティストとしてより大きなオーディエンスに向かっていきます」と語り、ジャニーズ事務所の人気グループKAT-TUNを脱退し選択した1アーティストとしての道に向け、熱い思いをみなぎらせていた。

赤西は2006年秋に語学留学のため活動を休止するなど、以前から海外志向が強く、7月にKAT-TUNを「方向性の違い」を理由に脱退。拠点をロサンゼルスに移しソロ活動を続けていた。1万5000人を動員した米国公演では、現地のオーディションで決めたダンサーとバンドを従えたミュージカルのようなステージを展開。約2時間のライブではすべて英語詞で歌い観客を魅了していた。

ソース終わり

さて、全米デビューということらしいのですが、正直あまり米国で成功するとは思えないというのが正直な感想です。
探偵ファイルの記事によると米国ツアーでの客の入りようは散々だったようですし、そもそも日本人で全米デビューして成功した歌手というのが坂本九さんぐらいじゃないでしょうか。
あの宇多田ヒカルでさえ成功しなかったのに彼が成功する姿というのはなかなか想像できません。

と、散々貶しはしましたがデビューするからには頑張って成功してほしいものです。
関連記事





NEXT Entry
AかBか
NEW Topics
テーブルマーク
オルフェーヴル
オーランチオキトリウム
すてプリ
謎の白い液体
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
goo検索 急上昇ランキング
スポンサード リンク
お世話になっているサイト
リンク
QRコード
QR
フォロー連鎖

・フォロワー数を増やしたい方は1日1回クリック!
過去ログ

カテゴリ別
おすすめ



CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。